大学の教育問題について

大学は専門性を高める教育現場です。

多くの学生は、今まで住んだことのない地域に行き、新しく生活を始めます。さらに、今まで出会ったことのない人たちと触れ合い、肌で人生を学び始めます。

ある意味刺激にもなりますし、ある意味不安材料ともなります。

そして、大学を終えた後には『就職』が待っています。思い通りの就職先を見つけるのか、それとも自分が思い描いていた就職先とは異なった会社に入るのか、そこで今までの自分がどれだけ努力をしてきたのかという、自分のレベルが露呈されることになります。

どんな選択がベストなのかは、分かりません。大学で勉強してきたことを活かす仕事に就ければ、優位に事を運べることでしょう。しかし、それが果たして正解なのかどうなのか?

人生で最も迷う人が増える時期なのかもしれません。

そんな大学での教育問題について触れていきたいと思います。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析